校章の由来
 校章は、希望の大空に向かって羽ばたかんとする大鳥の姿を
図案化したものです。児童生徒が、明るく健やかに、自らの力
でたくましく希望に生きる願いをこめています。
 背景の円は、大空を表して前途と希望を象徴し、中心の大鳥は
児童生徒の姿であり、たくましい全身を表現しています。
 また大鳥は、学校所在地の旧佐織町の町章に使用されていた
シャットルを組み合わせて図案化したものです。


テキスト ボックス: 校  歌
            作詞  藤田定汪
             作曲  江口浩司
 
 多度の山脈 雲晴れて
 清らに光る 明けの星
 永久にかがやけ 苦難に耐えて
 久遠の理想 めざしつつ
 正しい明日を 築くため

 恵み豊かな 尾張野に
 幼き蕾 草若葉
 永久にかおれよ 嵐に耐えて
 希望の虹を 仰ぎつつ
 明るい明日を 築くため
 ああ楽しい学舎
     佐織 われらの学校


  校歌を聴く



JASRAC許諾番号:E0212201074